悠々人生のエッセイ







1.札幌の睡蓮池とテレビ塔 2.小樽の鰊御殿と小樽運河


1.札幌の睡蓮池とテレビ塔

札幌の睡蓮池とテレビ塔の写真集へ

札幌の近未来的な駅前


 週末、仕事仲間と北海道への短い旅に出かけた。行き先は、札幌と小樽で、特に何を見て来ようと言う目標のようなものはなく、ただ、景色を眺め、美味しい料理を味わいたいという、誠に気楽な旅である。私は、午前中に大学院での仕事があるものだから、午後2時の羽田発の全日空の飛行機を予約した。その頃、グループの一部は札幌の羊山公園で、遥か彼方の方をまっすぐ指差すクラーク博士の像の前で、その格好を真似て写真を撮った後、二条市場でバフンウニのウニイクラ丼を食べていたというから、惜しいことをした。逃した魚は大きいというのは本当である。

札幌駅前の銅像


 新千歳空港からエアポートライナーで札幌に着いたのは、午後4時半近くである。私にとっては20年ぶりの札幌だったが、昔の印象とは全く違って、近未来的な駅前の威容にはびっくりした。まるで別の都市のような変貌を遂げていて、狐につつまれたようで、さすがに北の都だけのことはある。駅前広場には、例のとおりどこにでもありそうな男女5人の裸体の像が並んでいて、まあそう悪くはないが、あちこちに鳥の糞がかかっているのが気の毒である。かつて、銅像を建てようかといわれ、「鳥の糞まみれになるから嫌だ」と断った偉人がいたそうだが、むべなるかなと思った。

札幌の観光幌馬車


 ともあれ、駅前でびっくりしていても仕方がないので、そこから歩いてほど近い北海道庁旧本庁舎へと、まず向かった。その途中で、観光幌馬車を見かけた。たった1頭の馬で、二階建ての幌馬車を引いている。ざっと数えると窓が片側で6つあるから、左右両側と上下二階で24人も乗るのか・・・ひとり50キロとして1200キロだ!・・・とびっくりしたが、まさか・・・。ばんえい(輓曳)競馬は、騎手と1トンほどの鉄製のそりを曳くそうだが、この計算が正しいとすれば、それ並みである。それで馬は大丈夫なのだろうかと気になる。しかし、それは杞憂だったようだ。目の前を通り過ぎて行った観光幌馬車の馬は、サラブレッドとは似ても似つかない、足が太くて短い地元馬だったからである。

札幌の北海道庁旧本庁舎


 北海道庁旧本庁舎に着き、門の正面から入ると、頭に丸いドームを乗せた建物がある。赤レンガの色が実に鮮やかだし、建物の手前にある花壇の色とりどりの花々とマッチして、誠に美しい。この瀟洒な建物は、明治21年(1888年)に建てられ80年間にわたって道庁として使われたものを、最近になって復元した建物だという。なるほど、当時は未開の地であった北海道を、精魂込めて開拓した明治人の心意気が伝わってくるような気がする。館内に入ろうとしたが、左手の池にふと目をやると、ピンク色の水蓮が咲いているではないか。気になって、そちらの方に行くと、眼前に素晴らしい景色が現われた。

北海道庁旧本庁舎の睡蓮池

北海道庁旧本庁舎の睡蓮池


 今ちょうど、上野でオルセー展を開催しているが、そこに出てくるモネの睡蓮の絵と、まったく同じような風景である。特に、池に架かる橋があるシーンや、池の水面が辺りの景色を反射して色鮮やかに揺れ動く様子などは、モネの絵そっくりではないかと感激した。それで、標準レンズと超望遠レンズをとりかえながら、写真を何枚も撮ったのである。もう夕暮れに近かったことから、光の当たり具合がよくなくて、その点がいささか心残りではあるが、それでもモネが見たであろう睡蓮池の雰囲気だけは、撮ることができたのではないかと思っている。

北海道庁旧本庁舎の睡蓮池


北海道庁旧本庁舎の睡蓮池


 それから暗くならないうちにと、道庁を出て、札幌市時計台に向かった。ここは、札幌農学校の生徒たちが訓練や体育に使うために1878年に建てられたということであるが、その3年後に設置された振り子時計の方が有名になってしまったようだ。まだ現役で時を刻んでいる。豊平川で採れた石の重りで動くとのこと。

札幌市時計台


 そこを出て、大通り公園に行く。クラシックなテレビ塔を見上げた。これは、昔から変わらない姿である。昭和32年に開業したというから、おやおや、私よりずっと若い。でも、電光時計は変わったなぁと思ったところ、やはり平成18年改修されてLED表示になったそうで、これも省エネというわけである。ところで、そろそろ約束の時間になったので、サッポロビール園ガーデングリルに向かう。

札幌市テレビ塔


大通り公園で噴水を眺める男女


 このビール園は、どうやらサッポロビールの工場か何かの跡地をレストラン兼ビヤガーデンにしてしまったもののようだ。東京でいえば、恵比寿のビール工場をレストランやオフィスに変えたのと同じ手法である。近年の不動産市場のブームに乗ってこういうやり方がうまくいったという見本のように言われたが、その後、サッポロビール自体があまりよろしくない株式投機の連中の標的とされたことを見ると、功罪相半ばするといったところであろう。さて、このビール園では色々なビールとジンギスカン料理を皆で楽しんだが、同時に出されたカニ料理も、「身がいっぱい詰まっているーっ」と、女性陣には大好評だった。ジンギスカンのラムも、昔はもう少し臭みがあったと記憶しているのだけれど、今回出されたものは、何の臭みもなく、ただひたすら柔らかくてジューシーで、美味しかった。

サッポロビール園ガーデングリル


サッポロビール園ガーデングリルのジンギスカン


 ほろ酔い気分で外に出てタクシーを拾い、夜景を見るには札幌駅のJRタワーがよいか、それともテレビ塔がよいかと運転手さんに聞いたところ、「高さはJRが高いけれど、碁盤の目に沿って大通り公園を見るなら、テレビ塔がいいですよ」とのことで、私はまたテレビ塔に戻ることにした。着いてみると、テレビ塔には、電飾が色鮮やかに輝いて、なるほど美しい。その中を、光のついたエレベーターの籠が上がって行く。私もその籠の中の乗客のひとりとして地上90メートルの展望台に向かった。眼前に展開しているのは、素晴らしい夜景である。残念ながら、ちゃんとした三脚は持ち合わせてないし、室内の光がガラス面に反射して撮りづらいが、それでも何枚かは、どうにか見られる写真を撮ることが出来た。

 テレビ塔のある大通り公園を出て、すすき野を歩いて通った。すると、南4西4の大きな交差点に、キリンビールの大看板が目に入った。あれあれ、これはサッポロビールの本拠地に殴り込みをかけたようなものではないかと思ってしまった。でも、なかなか目立つ、好感の持てる良い看板である。そこを通り過ぎて、今夜のホテルにたどり着いた。

サッポロビール園ガーデングリルのジンギスカン


 翌朝、できるだけ早く起きて、北海道大学の構内を歩き回りたいと思ったが、結局、前夜のビールが効きすぎて、起きたのは朝7時過ぎとなった。8時過ぎの小樽行き快速電車に乗らなくてはならない。そこで手早くホテルの朝食を摂り、タクシーで札幌駅に向かった。途中、運転手さんに頼んで、北海道大学にちょっと寄ってもらい、正門付近だけを撮って来た。後から聞くと、ここにも睡蓮池があったようで、それは見逃してしまった。

 札幌駅に着いた。そこから、時間通りに小樽行きの電車に乗り込んだのである。



2.小樽の鰊御殿と小樽運河

小樽の鰊御殿と小樽運河の写真集へ

小樽駅


 小樽行きの電車は、結構、ガタンゴトンと揺れたので、私が小学校の頃の蒸気機関車を思い出してしまった。これくらいの乗り心地の悪さである。どうやら、あまり保線がよくないらしい。小樽駅に着き、駅頭でどこに行こうかと旅行案内を見ていたら、@マリンコース、A天狗山コース、B祝津コース、Cろまんコースとある。@は要するにガラス工房と石原裕次郎記念館ということだが、まるっきり私の趣味ではない。Aは天狗山ロープウェイに行って、市内全域を一望できるようだ。これは、パノラマ写真にすると良いかもしれないと、いささか心が動く。Bは水族館とその脇にある鰊御殿、そして旧日本郵船の建物である。ああ、こちらの方がもっと良いかもしれない。何よりも、この地の歴史を知りたいという知識欲を満足させてもらえそうだ。Cはガラス屋と「がま栄(?)」というが、これまた私の趣味ではない。

鰊御殿


 というわけで、小樽駅からバスに乗って祝津に向かった。途中、田舎道ながら、道路の両脇がお花でいっぱいのところを通り、なかなか手入れが行き届いていることに感心した。30分も乗っていないうちに、祝津に到着した。漁船がたくさん繋留されている田舎の漁港である。そこで、左手の階段を登れば水族館であることがわかるが、肝心の鰊御殿の看板が見当たらない。これは商売不熱心だと思いつつ、いま降りたばかりのバスの運転手に聞いて、そちらへ向かったら、丘の上にある日本家屋が目に入った。ああ、あそこなのかと思う。そこに至るまでには、白い柵がジクザグに緑の丘を這い登っていたが、あれをたどって行くのかと、げんなりもする。でも、建っている地形が誠によろしい。たとえていえば「崖の上のポニョ」に出てくる丘の上の家みたいなものである。もっとも、あちらは洋風の家だったけれど、こちらは110年前の和風の家という違いはある。

鰊御殿中腹からの海の眺め


 登っている途中で、振り返って海の方を眺めると、これがまた、絶景である。手前には、砂嘴(さし)が海に向かって突き出ている。右手には祝津漁港だが、その向こうには、こんもりとした半島が浮かび、さらにその向こうには、青くかすんだ陸地が見える。それを毎日眺めることのできる御殿に住んでいたとは、なかなかの網元ではないか。

鰊御殿の中


鰊御殿の中


鰊御殿の中


 その鰊御殿は、大きな二階建てで、素人目にもわかる太くて大きな材木がふんだんに使われている。中は、もちろん広い。これはいったい何畳敷きなのだろうか、ともかく広くて、玄関の間以外は、畳敷きである。違い棚の床間もあり、そこには鮭に齧り付く熊の彫り物が置かれていた。説明によれば、この家の主は、田中福松といい、安政5年(1854年)に17歳で青森県東津軽群から叔父を頼ってこの地に渡り、雇われ漁夫として働いた後、漁場を買い請けて、明治中期には積丹半島で代表的な漁業主となったそうな。そして、明治30年、田中家が莫大な費用と心意気をかけて建てたものだという。

鰊御殿隠し部屋


 ところで、何か一番面白かったかといえば、隠し部屋である。からくりがあって、ドンデン返しをすると入れるようになっている。ごく一部の身内にしかその使用目的を知らせていなかったところだそうで、その用途がまさに抱腹絶倒というところである。まあ、当時の網元の雰囲気を偲ばせるものなのだ。まずは、当時の漁業といえば現金が飛び交う世界だったので、当然それを狙う輩もいたらしい。だから、泥棒対策として現金を保管するというのがその第一の用途。まあこれは、今風にいうとパニック・ルームで、十分にあり得る使い方かなというところ。次は、漁が忙しい時に、臨時の補充として渡世人のような者を雇うことがあるが、こういう連中は酒を飲んだりすると大いにからんだり刃物を振り回して暴れたりするものだから、そういう場合の家人の避難所だそうだ。少し、笑いがこみ上げてくる用途である。また、漁夫として若者の引き抜きが横行していたようで、それを取り返しに来られた時の隠し部屋にも使ったらしい。ほほお、なるほどと納得する。さらに、鰊漁は、豊漁だったり不漁だったりすることがよくあり、不漁のときの借金取りから逃れるために、家族がここに隠れたのだそうだ。これなどは、大いに笑ってしまう用途である。最後に、この鰊御殿は急傾斜の崖の下に建っていたので、雪崩が起こったときの家族の避難場所として、太い柱や梁で守られているこの部屋が用意されたとのこと。ふむふむ、災害対策も兼ねていたとは、なかなか頭を使っているではないか・・・。

鰊御殿から海を眺める


鰊御殿から海を眺める


鰊御殿の稲荷神社


 その急傾斜の崖の中途に建っている鰊御殿の、少し下のわずかな平地に、稲荷神社が祀られていた。そこからの海の眺めはなかなかのものである。静寂そのものの中で、沖を行き交う船や眼下の海の波紋のような波模様を見ていたら、突然、中国人の団体がやってきた。ワァワァキャアキャアとまくし立てている。もちろん、何を言い合っているのかは知らないが、そのうるさいことといったらない。日本に来てくれるのはよいが、そもそも現代中国人の普通の観光客が、歴史も知らずにこんな百年前の建築物である鰊御殿などを見ても、面白くも何ともないと思うのだが、どうだろうか。

祝津漁港からの眺め


祝津漁港から出る観光船


観光船に乗って鰊御殿と灯台を振り返る


 その一群の中国人の群れから逃れるようにして、鰊御殿の坂を下り、そのまま漁港の方へと行った。小樽行きの観光船が出るというのである。漁港は、周囲の小高い丘の緑のシルエットが、その前の海の水面に写りこんで、とても素晴らしい風景である。遠くには、水族館の観覧車、鰊御殿、灯台などが見える。ちょうど観光船が来たので、それに乗り込んだ。海に出ると、エンジンの音がひときわ大きくなり、白波を立てて船が海上を疾走する。凄い、モーターボート並みだ・・・顔をなでる潮風が心地よい。

 岬を回ったところで、4〜5歳くらいの年子の二人の女の子を連れたお母さんが、船の人から唐上げのお菓子のようなものを買っている。子供たちは、慣れた様子でその袋を手にとって、船の後方へ歩いて行った。そして、何をするんだろうと見ていたら、そのお菓子(イカのような匂いがした)を、空に向かって投げ始めた。すると、岬の岩陰にいた何十羽カモメらしき海鳥たちが、一斉に我々の船に向かって殺到してきた。これは・・・す・・・凄い。もの凄いものである。ヒッチコックの名映画「鳥」を思い出してしまったくらいである。  

船に寄って来るカモメ


 子供たちが投げるお菓子を、その白いカモメたちは、嘴を使って器用に空中で受け止める。口に入らなかったお菓子は、もちろん海中に撒かれたようになるが、それでも鳥たちは海に飛び込んで、餌を食べようとする。もう、空中に、海中にと、白いカモメが大乱舞を繰り広げている。カモメたちは初めは船をやや遠巻きにして飛んでいたが、そのうち慣れてきたのか、船のすぐ傍を飛んで、餌をもらうのになるべく良い位置を確保しようとする輩も出てくる始末。いやはや、慣れとは恐ろしいものである。

船のすぐ傍を飛ぶカモメ

 ところで、私は何をしていたかと思うと、そのカモメを写真に撮ろうと奮戦していた。やや遠くにカモメがいた時は、シャッター・スピードを1/160に設定して、我ながらまあ良い写真が撮れたと思っていた。ところが、カモメがすぐ近くの来た時もその設定で撮っていて、いささか失敗をしてしまった。1/250くらいにすれば良かったと思うのであるが、今更もう遅い。鳥の眼はしっかり撮れていたものの、翼の方は、ブレる結果となってしまったので、少し残念である。まあ、もっと経験を積まなければ・・・。しかし、それにしても、カモメの眼は真剣な様子だった。野生の動物が、生きるために、それこそ命を掛けている表情が甲斐間見えて、怖かった。

小樽港と背後の天狗山


 そうこうしているうちに、小樽港に着いた。港の背後の小山は、行きそこなった天狗山である。ロープウェイがあって、それで頂上まで連れて行ってくれるらしい。行った友達の話によると、市内を一望できて、それは良かったが、夜景の方がこの何倍か美しいということで、残念だったとのこと。そうか、そういうことなら、次回の楽しみとしよう。ところで、同じ北海道でも、函館の夜景は有名である。函館の場合は、山の上から夜間に見下ろすと、海が両側から湾曲して迫ってきている中で、灯りの点いた中心部が真ん中に浮き上がるという、まさに神戸に匹敵する美しさである。私は、函館に4回行って、そのうち山の上からそれを見ることが出来たのは、最初のたった1回にすぎない。あとは雨やら曇りで、いずれも見られなかった。こういうものは、見られるときに見ておかなければならない。

小樽運河


小樽運河


 小樽といえば、小樽運河の景観がよくパンフレットに載っている。この日は、よく晴れた日で、青い空、倉庫のツタや赤レンガ、運河の水の色との対比が、実に美しかった。小樽フェリス教会の隣にある、地元の魚屋さんで、寿司を食べてみた。いずれも新鮮なネタで、誠に結構な味だった。満腹のまま、外に出て、腹ごなしと思って運河沿いを歩いて行った。道端には、タンポポをよく目にしたが、どういう訳か、本州のものと比べて背が高いのは妙だ。なぜなのか、不思議である。そのほか、アザミや、シロツメ草などの雑草を目にした。中には、何の花かどうにもわからない草もあったが、概ね、本州でよく見かけるものばかりで、安心するやらがっかりするやらというところである。

見たことのない花


 運河の終点近くに、目指す旧日本郵船株式会社小樽支店の建物があった。明治39年(1906年)に竣工した近世ヨーロッパ建築様式の重厚な石垣二階建で、一階には事務室、二階には貴賓室と会議室がある。日露戦争後に割譲された樺太について、具体的にどのように国境線を引くかという日露間の交渉がこの会議室で行われたという。隣の部屋には、レプリカではあるが、そのときに作成された国境の標識石が置いてある。会議室には、一見して30人くらいが座れそうだったので、おそらくは実務的な交渉だったのだろう。そのために、国の威信をかけて、国策会社にこの会議室を作ってもらったのだと思う。案内の方は、支店の人数は高々26名程度だったというから、その程度の数では、これほどの大会議室は要らなかったはずだというのである。なるほど・・・。ところで、この会議室の壁紙は、いまやどす黒くくすんで見る影もないが、和紙でできた当時最高の技術で作ったという。今ではこれと同じものが作れる職人は、たったひとりになってしまったそうな。

旧日本郵船株式会社小樽支店の建物の会議室


 思わず、日露戦争の時の話となったが、当時の弱肉強食の列強がひしめく時代にあって、よく明治期の先人は、日本という国を維持して発展させることが出来たものだと思う。パワー・ゲームを知悉した、リアリストでなければ政治や外交は出来なかったはずだ。それに比べて、最近の日本の政治は、国と国との外交関係、権力というものの現実や本質を直視せず、いたずらに夢想しているかのようなフワフワとした外交や内政をとっているように思えてならない。この点では、明治維新を経験し、その後の近代日本の礎を築いた明治人の爪のアカでも煎じて飲ませたいところである。

旧日本郵船株式会社小樽支店の日露樺太国境石


 ところで、日本郵船の建物の一階に降りてきて、天井から下がっている電球を見て驚いた。これは、ひょっとしてエジソン球ではないだろうか。案内の人に聞くと果たしてその通りで、球の中心のフィラメントが二本の輪で出来ている。エジソンが電球を発明する過程で、フィラメントの材料を世界各地から取り寄せて何回も実験をした。そうしたところ、日本の京都から取り寄せた竹で作った炭のフィラメントが一番長持ちしたので、これに決めたというのは、有名な話である。もっとも、これはたぶん、竹ではないだろうが、まあいずれにせよ小学校のときに習った話を半世紀ぶりに思い出したというわけである。ちなみに、このエジソン球を作る会社は、東京にたった一軒だけ残っていると言っていた。

旧日本郵船株式会社小樽支店のエジソン球


 これで終われば、誠に幸せな旅ということになったはずなのであるが、小樽からJRの電車に乗って新千歳空港に着いたとたん、思わぬハプニングが待っていた。


    
この話の番外編は、こちら





(平成22年6月27日著)
(お願い 著作権法の観点から無断での転載や引用はご遠慮ください。)




ライン





悠々人生のエッセイ

(c) Yama san 2010, All rights reserved