悠々人生エッセイ



01.jpg




1.α7IIIを選ぶ


α7III


 最近のカメラの世界は、まさに劇的な変化を遂げている。半世紀以上も続いたフィルムカメラから、今世紀に入ってデジタルカメラの時代になり、更に一眼レフからミラーレス一眼へ移行するようになったかと思うと、撮像素子が大きくなってAPSーC(23.4mm×16.7mm)から35mmフルサイズの時代へと、急速に目まぐるしく進歩している。実は私も、この流れに沿ってカメラを買い替えてきた。最近では初めて発売されたミラーレスのデジタル一眼であるオリンパス・ペンE−P1とそれに続くE−P3、そして一眼レフではあるがデジタルで本格的APSーCのEOS 70Dである。それぞれに味があって、写真を撮るのを充分に楽しませてもらった。

E−P1


E−P3



 昨年秋から今年春にかけて、キヤノン、ニコン、ソニーの主要3社から、35mmフルサイズのデジタル一眼カメラが出揃った。キヤノンはEOS R(又はRP)、ソニーはα7III(又はα7RIII)、ニコンはZ6で、本年5月初旬のお値段は、それぞれEOS(19万円、14万円)、α7(21万円、30万円)、Z6(21万円)だった。

EOS 70D


 私の持っているデジタル一眼レフカメラ(EOS 70D)は、そろそろ4年目になろうとする。仕事が一段落する今年の秋から重点的に海外に出掛けて景勝地の写真を撮るつもりだが、このカメラはそれには嵩張るし、やや重たく感じるようになった。また、せっかくなので、良い風景写真は、フルサイズで撮りたい。そういうことから、上記3社のカメラから選ぼうと考えた。まず、ニコンはあまり馴染みがないし、性能が変わり映えしない割には値段が高い。ということで、キヤノンかソニーかの選択になる。

 いまキヤノンのEOS 70Dを持っているから、スムースに移行するにはEOS RPが一番だ。キヤノン風のボタン操作にも慣れているし、上記機種の中では、価格が最も安い。ただ、現在3本持っているレンズのうち、フルサイズ対応は1本だけだし、気に入っているタムロンのレンズは残念ながらAPSーCであって、フルサイズではない。フルサイズの画像をクロップすれば使えなくもないが、結局はAPSーCサイズになるから意味がない。EOS RP側も、それ専用のレンズは、実質的にまだ1本しかない。キヤノンはこの分野に手を付けるのが遅かったので、レンズの品揃えでは大きく後手に回っている印象だ。

 それなら、レンズ資産もたくさんあって今後も使いそうなメーカーを選ぶべきで、それはソニーである。カメラメーカーの中で最も早くフルサイズに取り組んできたから、フルサイズのミラーレス一眼対応レンズ(Eマウント)の種類が豊富である。そうすると、α9は私にはオーバースペックだから、α7III又はα7RIIIということになる。それぞれ21万円、30万円か・・・発売が昨年3月と今年2月というだけで9万円の差となっているが、実をいうと、この2つのカメラには素人にとってさほど性能面での違いはないと思っている。もちろん、2420万画素と4200万画素というのは大きな差であるが、4200万というのはあまりに大き過ぎて、私には扱いかねる。それに、元々ソニーのカメラを使っていればレンズに投資をする必要がないので、α7RIIIを選ぶところだが、今回の私の場合はカメラとレンズの両方を買わなければならないので、今回はα7IIIを選択して、その分をレンズ資産への投資に回そうかと考えた。どうせ、今回買うカメラをまた買い換える数年後には、もっと良いカメラ本体が発売されるので、その時に奮発すればよいと思った。


2.レンズを2本選ぶ

 では、レンズはどうしようか・・・APSーCでタムロンの18-300mmレンズが非常に使い勝手が良かったので、フルサイズでそういうものは・・・あるわけがない。探したところ、ソニーのズームレンズ FE 70-300mmというものがあった。15万円もするが、これにしよう。次に70mm未満をカバーする適当なレンズはないかと調べたら、タムロンの レンズ (Eマウント)28-75mm がとても評判が良い。理由は、F値が2.8と、非常に明るいからである。先程の FE 70-300mmのF値が4.5から5.6なので、その明るさが際立つ。約10万円もするけれども、それだけの価値はある。


ソニーのズームレンズ FE 70-300mm


α7RIIIにつけたタムロンの レンズ (Eマウント)28-75mm


 という検討を経て、カメラ本体を21万円で、レンズ2本を合計25万円で買うことにした。数年後にカメラを買い換えるときに、レンズの方は、そのまま使えるだろうと思っている。今回、購入したものの詳細は、下表の通りである。

 さて、Amazonに注文したら、カメラ本体を含めてその大半を翌日に持ってきてくれた。箱から、カメラ本体を取り出すときが、無上の楽しみである。あれれ・・・本体はこんなに小さいのかというのが第一印象である。昔のオリンパス・ペンE−P1の時代に逆戻りしたかのごとくである。それに、別途注文したタムロンの レンズ (28-75mm)が届いたので、何かを撮りに行こう。ちょうど梅雨の晴れ間だから、紫陽花が良い。鎌倉の名月院に向かった。


3.名月院の紫陽花

 北鎌倉駅に降り立ったのは、6月16日(日)午前9時20分である。名月院は、ここから10分もかからないと思ったのも束の間で、少し行ったところで「名月院の最後尾」という看板を持ったガードマンがいた。そこからズラリと人の列が続く。聞いてみると、30分は掛かるそうだ。仕方がないので、その列に並ぶ。延々と並んで、名月院の門をくぐったのが10時頃だった。


名月院


 そこから、α7IIIを取り出して、紫陽花などの花を写し始めた。マクロモードにすると、背景がものすごくボケる。これは素晴らしい。人物のポートレートでは非常によく写ると思う。風景モードにすると、竹林や葉の緑と空の青さが際立つ。ソニーの撮像素子と液晶画面の色は本当に鮮やかだと感心した。

 この日は本当に見物人の数が多かった。紫陽花の花半分に強い日光が当たっていることが多かったので、HDRで撮りたかったのだが、慣れないα7IIIのダイヤルをいじくっているうちに後ろから押されるという具合で、十分に試し撮りが出来なかった。特に残念なのは、有名な丸窓を上手く撮れなかったことである。今しばらく時間があれば、何とかなったのに、あれだけ混雑が酷いと、ゆっくりしていること自体が迷惑なので、さっさとその場を離れた。やはり、日曜日なぞに鎌倉へ行くべきではない。


名月院


名月院


 そのほか、α7IIIについて感じたことは、まずシャッターが軽い。その上、シャッター音をサイレントモードにしておくと、果たして押せたのかどうか、あるいは何枚撮ったのかが全くわからないほどだ。一眼レフの、あのEOS 70Dのカシャカシャという連続シャッター音に慣れた身としては、これは凄いとしか言いようがない。次に、スイッチを入れると画面に被写体が映る。それを見て撮るのは、昔のオリンパス・ペンE−P1と同じだ。ところがE−P1にはなかったファインダーがα7IIIにはあり、それを片目で覗き込むと、自動的に画面がオフになるという仕組みで、これは便利だ。もう一つ、E−P1の画面は、現実の被写体とタイムラグが生じて、動きの早いものにはなかなか付いていけなかった。その点、このα7IIIではそういうフラストレーションを感ずることはなかったので、これも大きな進歩だと思う。

名月院


 反面、気温30度の下で2時間ほど連続して撮っていると、α7IIIの躯体が熱を帯びてきた。ああ、これはE−P1と全く同じ現象だ。一眼レフではこんなことはなかった。やはり、通常の撮影では、画面は使わずに、ファインダーを覗いて撮るべきだろう。また、α7III本体は565gと軽いが、このタムロンの レンズ (28-75mm)は550gで、この組み合わせだとバランスが良くて持ちやすい。ところが、ソニー のズームレンズ (FE 70-300mm)は854gだから、これを付けるとレンズがずっしりと重い。まるでカメラというよりレンズを持ち歩いているようだ。まあ、そのうちに慣れるだろう。


 名月院の紫陽花(写 真)



4.代々木公園のイベント

ワールドグルメ&ミュージックフェスタ


 今度は、動きのある被写体でソニーα7IIIを試すつもりで、先々週のベトナムに引き続いて踊っている人を撮ろうと、代々木公園で開催中の「エジプト・フェスティバル2019」に行ってみた。フェスティバルのオフィシャル・アカウントを見たのだが、当日のタイム・スケジュールが見当たらない。仕方がないので、出演するはずの舞踊団のHPを見たら出演は12時、2時、4時だとわかったので、先週と同じく屋外ステージだろうと思って、午後2時に間に合うようにイベント広場に向かうことにした。

 広場に足を踏み入れたところで、確かにイベントをやっていたのだけれども、どうも様子がおかしい。エジプトとは全く関係がないようなのである。背の高い黒人男性やエネルギッシュな黒人女性が、跳びはねて何やら踊っている。ああ、これは、サルサだ。間違いない。周りを見渡すと、サルサ料理やモヒート、ラム酒やテキーラなどを売る屋台が並ぶ。後から調べてみたら、「サルサ・ストリート・フェスティバル」だった。サルサダンスのパフォーマンスや特設ステージではラテンフィットネスをやっている。陽気な雰囲気がこれでもかとばかりにまき散らされている。これは場違いなところに来てしまったと思いつつ、屋外ステージの方に向かった。


ラテンフィットネス


 その屋外ステージでは、日本人の女の子2人が、楽器を演奏して歌っている。その場馴れしている様子からして素人ではないし、エジプトに関係する音楽でもなさそうだ。それが直ぐに終わり、ステージを片付けて次の出し物の用意だ。もう2時になるので、エジプトの踊りかと思って待っていたところ、出てきたのが、日本人の女の子だ。それで、「ワールドグルメ&ミュージックフェスタようこそ。」などと言うので、やっとここではないと気が付いた。

ワールドグルメ&ミュージックフェスタ


 何とも間が抜けた話だが、いずれにせよ今日はソニーα7IIIとソニー のズームレンズ (FE 70-300mm)を使った動きのある被写体の試し撮りだから、実は被写体にはこだわらない。では、この歌手のお嬢さんを撮らせてもらうことにした。申し訳ないが、お名前はわからない。ただ、お年は32歳とのことだった。それにしても、この子、よく歌って動く。

ワールドグルメ&ミュージックフェスタ


 プログラムの「P」モードにして動きの少ない場面を、「シーン」モードのスポーツにして飛び上がる場面をそれぞれ撮ってみたところ、良く写る。次に、初めて「ビデオ」モードで撮ってみた。すると、パソコンで見ないとわからないが、まあ映っている。4Kだそうだ。家に帰って見てみたら、映像も音声もしっかり撮れている。これは、ビデオカメラとしても充分に使えそうだ。ただ、いきなり撮ると当然焦点は合っていないから、写真を撮る要領で合焦してからビデオボタンを押すとよいらしい。

ワールドグルメ&ミュージックフェスタ


 ということで、ひとしきり歌手のお嬢さんを撮らせてもらって、少しはカメラに習熟したつもりである。それにしてもこのカメラ、例えば、顔の皺など、恐ろしいくらいに細かなところまで写る。もちろん動きのない人物を撮るにはそれなりの「人物」モードで撮るから、顔の皺などはデジタル的に処理されて消されると思うが、それにしてもこの「P」モードは、写りすぎである。

エジプト・フェスティバル


 さあ、帰ろうと思ったところで、「エジプト・フェスティバル」をようやく見つけた。欅並木の方で開かれていた。特設ステージというのも、ごく小さな慎ましやかなものだから、遠くからはわからなかったのは仕方がない。その小さなステージで、多くの人たちが手と腰を振り振り、これまた陽気に踊っていた。ちなみに、この日は、「サルサ」、「グルメ&ミュージック」そして「エジプト」の3つのフェスティバルが、仕切りもなく隣合って開催されていたのである。

代々木公園の薔薇


代々木公園の薔薇


 帰りには、代々木公園内を通ったので、満開の薔薇、紫陽花、サルビア・ガラニチカ、百合の花を撮ってきた。このズームレンズ (FE 70-300mm)の望遠端で撮ると、当然ながら面白いように花の周辺がボケて、花が浮き出るように見える。最短撮影距離は1mである。

代々木公園のサルビア・ガラニチカ


代々木公園の百合





5.サンシャイン水族館


コブダイ


 さて次の撮影の練習の場として、難易度が高い水族館に行くことにした。水槽の中の魚のうち特に熱帯魚の場合は早く動くので焦点を合わせにくいし、ほかの魚も水槽が暗いことが多いので、これまた撮りにくい。自宅からほど近いサンシャイン水族館を選んだ。

ナポレオンフィッシュ(メガネモチノウオ)


 まずは、大水槽の中の魚である。最初に出てきたのは、「コブダイ」である。これは、ゆっくりと動いてくれるし、物おじせずに近づいてくれるので、撮りやすい。「Pモード」で大迫力の写真が何枚か撮れた。次は、これまた大型の「ナポレオンフィッシュ(メガネモチノウオ)」である。私はこの魚が大好きで、水族館に行ったら必ずその写真を撮ることにしている。

コブシメ


クラゲ


 イカの仲間の展示があった。暗い中で、しかもイカの体は白く透き通っていて、焦点がなかなか合わない。あきらめて、隣の水槽にいた「コブシメ」を撮る。これもイカの一種なのだそうだ。それから、クラゲの水槽に行く。白い照明にしてくれれば撮れるのにそれは一瞬にすぎず、ほとんどが青い照明なので、あまり良い写真にはならなかった。ところが、この写真だけは、まあまあ見られる。「AUTO」モードである。

女性ダイバーが餌をあげる


 それからダイバーによる給餌の時間ということで、再び大水槽に戻る。女性ダイバーが餌をあげると、そこに熱帯魚が群がる。幻想的といってもよい。「AUTO」モードである。それから、私が好きなグレート・バリア・リーフの水槽に行く。こちらの熱帯魚は、動きが速いので「Sモード」の1/320秒で撮る。青い魚は「ナンヨウハギ」だ。これは動きが速くて、なかなか捕捉しにくい。方向転換をするその一瞬を捉えたのが、この写真である。色もちゃんと出ている。黄色い魚は「キイロハギ」だ。これも、かなりの速さであるが、しっかりと捉えられた。焦点合わせは、けっこう速いので、満足である。イソギンチャクに隠れた「カクレクマノミ」を撮ってみたら、うまく撮れている。これまでのカメラの中では、一番良いと思う。

青い魚「ナンヨウハギ」


黄色い魚「キイロハギ」


イソギンチャクに隠れた「カクレクマノミ」


 屋外エリアに出て、天空のペンギンを見ようと思ったら、ペンギンではなくてペリカンが空中を泳いでいた。来た時間が悪かったようだ。それでも、ちょうど、アシカのショーが始まった。それを「スポーツ」モードで撮ったのだが、目の前の飼育員さんとアシカに焦点を合わせたつもりなのに、カメラが勝手に、その向こうにいる観客の目を検出してそれに焦点を合わせてしまうので、困ってしまった。これを止めさせることはもちろんできそうだが、そのためにメニューのボタンを弄くっていると撮るチャンスを逃すので、何とか撮り続けたが、性能が良いというのも、良し悪しだと思った。

飼育員さんとアシカ


 前のカメラEOS 70Dと今のα7IIIと比較して大きく違う点は、撮像素子(イメージ・センサー)のクリーニング方式である。EOSの場合は、電源を入れたときと切るときの両方でクリーニング・モードが自動的に動き、カメラがブルブルと震えてクリーニングされていた。だから、クリーニングなんて、全く縁がなかった。ところが、α7IIIの場合はそういう自動で行ってくれる仕組みがないので、いちいちメニューを立ち上げて手動でクリーニングをする必要がある。それだけでなく、マニュアルによるとその度に電源を切ってレンズを外し、ブローアーで撮像素子の下側を吹きとばせというのである。やや、面倒なことになってしまった。



 サンシャイン水族館(写 真)



6.その他の試し撮り




(順次、掲載する予定です)








  今回購入したカメラと部品の構成



(1) ソニー (SONY )ミラーレス一眼 α7III ボディ ILCE-7M3 212,700円


α7III ボディ ILCE-7M3



(2) ソニー (SONY )ズームレンズ FE 70-300mm F4.5-5.6 G OSS Eマウント35mmフルサイズ対応 SEL70300G 150,309円


ズームレンズ FE 70-300mm



(3) ソニー (SONY) MCプロテクター 72mm VF-72MPAM 5,772円


MCプロテクター 72mm VF-72MPAM



(4) ソニー(SONY) 円偏光フィルター VF-72CPAM 12,850円


円偏光フィルター VF-72CPAM



(5) ソニー (SONY) αレンズ用フード ALC-SH144 2,128円


αレンズ用フード ALC-SH144



(6) ソニー (SONY) SDXC メモリーカード 64GB Class10 UHS-II対応 @13,473円 2個


SDXC メモリーカード 64GB



(7) ソニー α7III NP-FZ100 互換バッテリー 2個 + 充電器 7,599円


α7III NP-FZ100 互換バッテリー 2個 + 充電器



(8) Kenko 液晶保護フィルム ソニーα7III用 802円


Kenko 液晶保護フィルム



(9) タムロン(TAMRON) レンズ 28-75mm F/2.8 Di III RXD 99,500円


タムロン(TAMRON) レンズ 28-75mm



(10) KENKO 67mm、PRO1D(タムロンのレンズ保護フィルター) 3,445円


 KENKO 67mm、PRO1D



(11) HAKUBA ドライボックスNEO 9.5L スモーク 防湿庫 KMC-40 1,482円


HAKUBA ドライボックスNEO 9.5L スモーク 防湿庫 KMC-40



(12) HAKUBA レンズ専用防カビ剤 KMC-62 446円


HAKUBA レンズ専用防カビ剤 KMC-62







         合計 523,531円(こんなにかかってしまった。)





(令和元年6月19日著、23日及び29日追記)
(お願い 著作権法の観点から無断での転載や引用はご遠慮ください。)





悠々人生エッセイ





悠々人生エッセイ

(c) Yama san 2019, All rights reserved