悠々人生エッセイ



01.jpg




1.2度目の挑戦(2019年8月8日〜9月11日)

 今年の5月24日、東京オリンピック2020のチケット10セッションを申し込んだ。ところが、6月11日の抽選の結果、一つも当たらずに全て落選してしまって心底がっかりしたのは、既にエッセイで述べた通りである。

 朝日新聞(8月8日夕刊)によると、「1次抽選では、公式販売サイトのID登録者約750万人のうち512万人が申し込み、当選者96万人が322万枚を購入。400万人以上が落選した。1次抽選の結果は6月20日に発表され、組織委の森喜朗会長は同日、『外れた人がもう一度挑戦できる良い方法はないか』と記者団に発言」したことから、急遽、当初の予定にはなかった追加抽選を行うことになったという(注1)。

 その追加抽選というのは、1次抽選で1枚も当たらなかった約416万人(私もその一人)を対象にして、前回の売れ残りの68万枚が販売されるらしい。オリンピックの全競技数は33であるが、今回の販売の対象は、野球、マラソン、体操、フェンシング、サッカーなど20競技の170枠である。購入できるのは、正に私のように1次抽選で一つも当たらずに全て落選した人である。第2希望まで可能というから、要は2枠しか再チャレンジできない。それでもチャレンジできるだけ有難いと思って、私も申し込んでみることにした。

 申込をする8月9日の夜、組織委員会のホームページを開いた。対象となっている競技のうち第一希望としてどの競技をカートに入れようかと考えたが、実際に見て興味が持てるものをと思って、体操女子予選A席(25,500円)にした。第二希望は、フェンシング女子決勝A席(11,500円)に決めた。ただ、こちらは決勝だから競争率が高いかもしれない。もっとも、付けられた値段からすると、組織委としてはフェンシングの方の人気はさはど高くないと踏んでいるものとみえる。

 ともあれ、2度目の運試しだ。9月11日に結果が発表されるというが、これが当たらなかった場合には、「今秋、2次抽選があり、開閉会式を含む全競技の販売を予定している。来春以降、公式サイトや都内の販売所での販売が始まるほか、購入して行けなくなった人が転売するための公式の再販売サイトも開設される。」(前述の朝日新聞)とされている。まあ、「残り物には福がある」と信じるほかないだろう。仮に運が悪くて福が来なかったら、その時は東京の観光名所で行われるマラソンか競歩を沿道で見て、東京オリンピックへの参加気分を味わうつもりだ。これが、最後の希望である。これは、それなりに溜飲を下げる逃げ道で、こう考える人は、私の周りには結構いる。料金はいらないし、こんなに手軽でお安い方法はない。


2.マラソンが東京から札幌へ

 そういうことで、大いに期待した9月11日の発表の日を迎えたが、再び落選という残念な結果となった(注2)。落胆といってもよい気分だ。東京オリンピックに対する期待も、冷めかねない事態だ。もっとも、長い人生を振り返ると、同じような気分は、実はもう何回も味わっている。私は、昔からクジ運が悪いのだ。例えば、外国で日本人商工会議所の世話役をしたことがある。そのとき、年末に忘年会を企画した。その商工会議所が設立されて最初の忘年会であったことから、皆さんとともに準備に力が入った。会員を回って「ビンゴ」の景品をかき集め、当日の参加者全員の8割以上に当たるように配分した。なかでも私にとって最も魅力的な景品は、日本往復ビジネスクラス航空券だ。数本ある。私は、密かに「これが当るといいな」とまで思う始末だった。

 そこでいよいよ当日を迎えた。色々な出し物が続いて皆の興奮が次第に高まってきた頃、最後のビンゴを迎え、参加者の熱気が頂点に達した。二桁の数字が読み上げられ、会場に泣き笑いがこだまし、次々に当選者が決まる。私のお目当ての日本往復航空券は・・・ああ、もう当選者が持って行った。私など、5列のうちまだ3列しか出来ていない。次は、五つ星ホテルでの宿泊券・・・これも、まだあると思っていたが、ああなくなった・・・ということでドンドン決まっていき、私もやっと4列まできた段階で、全ての商品がなくなってしまってがっかりした。内心、「まあ、いいや。これこそお世話役の役割を果たしたわけだ。」と、自分自身を慰めたものの、それにしても釈然としなかった。

 東京オリンピックのようなこういう肝心のときに、そのクジ運の悪さが出てしまった。これは、どうにも間が悪い。更に悪いことに、もし落選したら、そのときはマラソンと競歩でも見て、参加気分を味わおうと思っていたのに、10月16日、国際オリンピック委員会(IOC)から「男女マラソンと男女競歩を札幌で開催する」という突然の驚くべき発表があった。ちょうどその頃、ドーハで行われた国際マラソン大会で折からの酷暑の中、完走できない選手が続出したからだと言われているが、それにしてもビックリし、次に落胆した。この話は、11月1日のIOC、JOC、国、東京都の4者会談で、都知事が「札幌開催には同意できないが、IOCの決定は妨げない」と表明したことで、札幌開催が本決まりになってしまった。既に東京でのコースが決まり、私もどこで観戦しようかと検討していた時期だったので、これには心底ガッカリした。


3.3度目の正直(2019年11月13日 2019年12月18日)

 とまあ、そういう経緯を経て、「東京オリンピックなんて、もうどうでもいい。」と思い始めた頃に、また組織委から、第2次抽選の申込み受付のメールが来た。メール自体は消去してしまったので、手元にはないが、11月13日から26日までの応募を呼びかけるものだ。

 どうせダメだろうと思いながらも、少し応募するつもりで、取り敢えず、開会式、新体操、ゴルフ、アーティスティック・スイミング、ハンドボールを選んだ。開会式は一人30万円もするので、当たったら大変だが、まあそんなことはないだろう。他の競技については、せめて一つでよいから必ず見たい、それには決勝はなかなか難しいだろうから、それ以下の準々決勝などもカートに入れておくことにした。そして、ここでいったん申し込んでおいて更に後日、それに追加して申し込むつもりだった。ところが、退職直後だったために何かと忙しく、気にはなっていたものの、そのまま放置していたところ、申込み期間を過ぎてしまった。

 そうしたら、本日(12月18日)、組織委からのメールで、一つ当選したことがわかった。「女子ハンドボール準々決勝」である。(注3)。文字通り、3度目の正直である。無欲だったのが、奏功したのかもしれない。これで、東京オリンピックに参加意識を持つことができる。目出度いことだ。

組織委のHPのマイ・ページ


 実は私と家族は、1984年のロサンゼルス・オリンピックのときに、ちょうど世界一周中で、その頃たまたま西海岸に滞在していた。だから記念に何か一つでもよいから記念観戦しようとしていた。会場の大きな体育館に到着して様子を見たところ、競技の中でも柔道は全く人気がなくて、切符売り場には列ができることなく、直ぐに切符が買えた。それで子供達二人を連れて大きな体育館の中に入って家族で観戦したのだけれども、遠くから見ていたので、選手が組み合ってチョコチョコ動いていたぐらいの記憶しかない。でも、ともかく観たのは観たのである。

 ちなみに、その前の1964年の東京オリンピックのときは、私は中学3年生で高校受験のときだったので、あまり記憶にない。ただ、円谷幸吉さんの胸突き八丁の走りと、べラ・チャスラフスカさんの華麗な演技を覚えているくらいだ。その点、今度は国立競技場での、「女子ハンドボール準々決勝」を観戦することになる。ハンドボールは高校でもやったことがあり、ルールは単純だ。楽しんで観戦したいと思っている。なお、チケット代金を期限(1月10日)までに支払わなければならない。忘れるといけないので、早速、クレジットカード(VISA)で支払った。公式スポンサーなので、手数料はないそうだ。





(注 1)追加抽選を知らせる組織委員会から来たメール。(8月8日付け)

 この度、東京2020組織委員会は、オリンピック観戦チケットの第1次抽選販売において、1枚も当選されなかった方を対象に追加抽選販売を実施することを決定いたしましたのでご案内いたします。

▼ 第1次抽選の追加抽選販売スケジュール

 抽選申込受付期間:2019年8月8日(木曜)未明 から 2019年8月19日(月曜)11:59(午前)
 抽選結果発表  :2019年9月11日(水曜)※時間未定
 購入手続期間  :2019年9月11日(水曜) から 2019年9月24日(火曜)23:59
 ※スケジュールについては変更となる可能性があります。

▼ 第1次抽選の追加抽選販売の対象者

 第1次抽選の追加抽選販売は、東京2020オリンピック観戦チケットの第1次抽選販売で1枚も当選されなかった方が対象となります。
 ※申込にあたっては、必ず、第1次抽選販売にて申込いただいたTOKYO 2020 IDでログインの上、申込手続を行ってください。
 ※第1次抽選販売にて申込いただいたTOKYO 2020 IDにて、マイチケットにログインしていただき、申込履歴内に【落選】の表示がある方が対象となります。

▼ 申込可能なセッション数およびチケット枚数

 申込上限セッション数は1セッションのみとなります。
 ただし、第2希望選択サービスで、別のセッションの申込が可能です。
 また、申込および当選チケットの枚数には上限があります。

 なお、1つのTOKYO 2020 IDで2セッション以上の申込は、システム上可能ですが、2セッション以上の申込をされた場合、当該申込は無効となり、自動的に落選となりますのでご注意ください。

 第1次抽選の追加抽選販売の詳細は、公式ウェブサイトまたは公式チケット販売サイトにてご確認ください。






(注 2)追加抽選の落選を知らせる組織委員会から来たメール。(9月11日付け)

 東京2020オリンピック 観戦チケットの抽選に申込いただきありがとうございます。
 厳正なる抽選を行いました結果、誠に残念ながら、申込いただいたチケットをご用意することができませんでした。抽選の結果は、東京2020オリンピック公式チケット販売サイト内の「マイチケット」でもご確認いただけます。
【今後の東京2020観戦チケットの販売について】

 東京2020組織委員会では、東京2020オリンピック・パラリンピック観戦チケットの販売を今後も予定しております。詳細が決まり次第、公式ウェブサイト等でご案内させていただく予定です。






(注 3)第2次抽選の当選を知らせる組織委員会から来たメール。(12月18日付け)

 東京2020オリンピック 観戦チケットの第2次抽選販売に申込いただきありがとうございます。厳正なる抽選を行いました結果、チケットが[ 当選 ]いたしました。

 当選内容の詳細は、東京2020オリンピック 公式チケット販売サイト内の「マイチケット」にて確認いただき、2020年1月10日 金曜 23時59分までに購入手続をお済ませください。
 ※2019年12月24日(火曜)から2020年1月6日(月曜)午前11:59まで休止期間となり、チケットの購入手続を行っていただくことができませんのでご了承ください。







(注 4) 観戦チケットの代金の支払を確認する組織委員会から来たメール。(12月19日付け)

 東京2020オリンピック 観戦チケットの代金の支払を確認しました。こちらで購入手続および支払はすべて完了となります。購入いただき、誠にありがとうございました。
 ※購入手続完了後に全部または一部の購入をキャンセルすることはできません。

【支払内容】

 注文番号:20191218XXXX
 支払金額:20,000 円(税込)
 支払完了日:2019年12月19日 00時00分
 支払方法:Visa
 加盟店名:東京2020組織委員会
 ※引き落とし日等については、ご利用の各カード発行金融機関に直接、お問い合わせください。
 ※お手続きに覚えがない場合は、東京2020組織委員会までお問い合わせください。

 支払内容の詳細は、東京2020公式チケット販売サイト内の「マイチケット」にて確認いただけます。

【重要なお知らせ】(略)

【チケットのタイプ(受取方法)】

 選択されたチケットのタイプ(受取方法):[モバイルチケット]
 ※紙チケットの印刷・配送、ホームプリントチケットの印刷画面、モバイルチケットの表示画面のご連絡は2020年5月以降を予定しています。

 チケットのタイプ(受取方法)に関する詳細は、東京2020公式チケット販売サイト内のよくある質問(FAQ)内でもご確認いただけます。
 カテゴリー[観戦チケット] → [チケットのタイプ(受取方法)]を選択してください。  来場予定者の変更について
 購入手続の際に登録いただきました来場予定者が変更になる場合、東京2020公式チケット販売サイト内の「マイチケット」にて、競技開催当日まで、来場予定者の登録内容を変更することができます。来場予定者と実際の来場者が異なる場合は、ご入場いただけませんのでご注意ください。

 公式ライセンス商品を持って応援に行こう!あなたが観戦する競技の商品も続々登場予定。詳細は「東京2020オフィシャルオンラインショップ」で検索

【チケットのルールや注意事項】

▼ 東京2020観戦チケットの転売は禁止されています。

 購入いただいた東京2020観戦チケットをオークションサイト等で転売することは、禁止されています(2020年春以降開始予定の公式リセールサービスを除く。)。オークションサイト等に出品されたチケットは、全て無効化され、そのようなチケットでは会場に入場できませんのでご注意ください。また、TOKYO 2020 IDおよびパスワードを第三者に利用させる行為や、これらに関する権利等を貸与・譲渡・売買・質入れ等する行為も禁止されています。これらの行為は、東京2020大会組織委員会公式ウェブサイト・サービス利用規約または東京2020チケット購入・利用規約によって禁止されており、発覚した場合には、申込、当選、購入済のチケットを無効とさせていただく場合があります。またサービスの利用資格を停止する場合があります。






(令和元年12月18日著)
(お願い 著作権法の観点から無断での転載や引用はご遠慮ください。)





悠々人生エッセイ





悠々人生エッセイ

(c) Yama san 2019, All rights reserved