悠々人生エッセイ



ロンドンのトラファルガー広場




 一昨年の初め、永年勤めた世界を離れ、ようやく自由の身になったので、さあこれから外国や国内を思う存分に旅行して、魅力的な写真を撮ってこようと楽しみにしていた。そこでとりあえず、ペルーのマチュピチュ遺跡台湾のランタン祭りを見たところで、新型コロナウイルスのパンデミックに遭ってしまった。予約した海外旅行は全てキャンセルせざるを得なかったし、それ以来、お見舞いのついでを除いて、どこにも旅行には行ってない。文字通りのウェイティング状態だ。

 幸い、身体にはまだこれといって悪いところがない。薬には一切お世話になっていないので、健康体だと思っている。それに適度な運動をしているので、まあ山岳地帯などは無理としても、体力的には平地ならある程度長く歩くのにも耐えられるくらいにはなっている。

 しかしながら旅行は、それだけでは足りない。長時間にわたって座席に座り続けないといけないので、脊柱管狭窄症やヘルニア、それにぎっくり腰にならないようにしないといけない。だから普段から腰に負荷がかかるようなことはできるだけ避け、太らないようにし、運動をし、また毎日小魚を食べてカルシウムを補強している。先日、健康診断のオプション検査として骨密度測定をしてもらったら、 若年成人平均比が103%と出たので、大丈夫なことがわかった。これで、花の70歳代は、旅行を楽しめそうだ。

 ただ最大の問題は、現下の新型コロナウイルス禍がいつ収束するかだ。近くまた第3回目の緊急事態宣言が発令されそうなので、そうなると旅行など論外となる。でも、何の見通しもなかった昨年の第1回目の宣言時と違うのは、ワクチン接種という希望の星があることで、国民の7割以上が接種すれば集団免疫が成立するという。遅くとも来年初めにはそうなると期待している。私自身もワクチン接種を受けているだろう。とすると、来年は国内旅行には行けることは確実だし、海外旅行も相手国によっては行けると思われる。

シドニーのオペラハウス



 そこで以下では、まずは頭の体操として、私がこれまで過ごしてきた場所を訪ねる懐かしの旅、私の人生の集大成としての世界旅行プラン、それにいくつかのお祭りを見残している国内旅行プランを掲げておきたい。これらを目指して旅をしていけば、私の70歳代は忙しく過ぎていきそうだ。


1.懐かしの旅(目標達成度 ★★★★★)

 私が生まれてこの方、あちらこちらに転居している。それら住んでいた所を全て挙げると、次の内外15ヶ所である。このうち主な神戸市福井県名古屋市については、「懐かしの旅」という題名で、既に訪れている。その他については、東京都内はもちろん京都市やクアラルンプール市にも行き、かつて住んでいた場所を訪ねている。

 だから、今後行くとすれば、赤ん坊の頃の住まいという武生市と福野である。もちろん記憶などあるはずもないので、訪ねる意味はないかもしれないが、これらにもし行くのなら、私の懐かしの旅はそこで完結する。

 福井県武生市(現在の越前市)→富山県福野(現在の南砺市)→武生市→神戸市葺合区(現在の中央区)→神戸市須磨区→福井県敦賀市→福井県福井市→名古屋市→東京都目黒区→京都市左京区→東京都中野区→マレーシア国クアラルンプール市ダマイ→クアラルンプール市ヤップ・カンセン→東京都杉並区→東京都文京区(現在)


2.世界旅行プラン(目標達成度 ★★★☆☆)

 私がこれまで訪問した国と地域の数を数えてみると、次の33ヶ国になる。

【北アメリカ】 アメリカ、カナダ

【中アメリカ】 メキシコ

【南アメリカ】 ペルー、アルゼンチン

【東南アジア】 シンガポール、マレーシア、ベトナム、タイ、
       ブルネイ、インドネシア、カンボジア、フィリピン

【東アジア 】 中国(香港、マカオを含む)、台湾、韓国

【南アジア 】 インド

【オセアニア】 オーストラリア

【ヨーロッパ】 イギリス、フランス、ドイツ、スイス、オーストリア、
       イタリア、スペイン、デンマーク、チェコ、ロシア、
       モナコ、リヒテンシュタイン

【アフリカ 】 南アフリカ

ハワイ・オワフ島のホテルのプール



 80歳に達するまでに、この数を50ヶ国にしたいというのが私の願いである。もっとも、ただ数をこなすために無闇に訪れるだけでは意味がない。再び訪れたい国々も数多くあるし、まだ行ったことのない国ではその街や大自然の風景が美しかったり、あるいは歴史的価値があるところでなければならない。そして、思わず人が魅せられるような写真を撮って帰りたいと考えている。

 ということで、参考になるのが、いつぞや私が読んだナショナル・ジオグラフィック誌「一度は訪れたい世界の名所50ヶ所」である。それを参照しながら、行きたい世界旅行先のリストを作ってみた。これらに全部行けば、重複を除くと52ヶ国になる。実は、アフリカに行くのはあまり乗り気ではないから、最後の2ヶ国を除けばちょうど目標に達する。★印は、まだ行ったことがない国々である。

 (01) ニュージーランド ★
 (02) カナディアン・ロッキーとカナダ太平洋沿岸
 (03) バルト三国、ポーランド ★
 (04) 旧ユーゴスラビア(クロアチアなど)★
 (05) エジプトのピラミッド、トルコのイスタンブール ★
     ヨルダンのペトラ遺跡 ★
 (06) ギリシャのアクロポリスとエーゲ海 ★
     イスラエルのエルサレム ★
 (07) スペインのバルセロナとセビリア
     ポルトガルのサンチャゴ・デ・コンポステーラ ★
 (08) インドのタージ・マハル
     スリランカのシーギリヤ・ロック遺跡 ★
 (09) 中国の西安、敦煌、九寨溝
 (10) カンボジアのアンコール遺跡
 (11) アメリカのボストン、イエローストーン公園
 (12) フランスのロワール川流域
 (13) ノルウェーのフィヨルドとスウェーデン ★
 (14) オーストラリアのブリスベン
 (15) ブラジルのリオデジャネイロとカーニバル ★
 (16) イタリアのナポリとアマルフィ海岸
 (17) タンザニアのセレンゲティ国立公園 ★
 (18) ケニアのアンボセリ国立公園 ★


3.国内旅行プラン(目標達成度 ★★★★☆)

 私は、47の全都道府県に行ったことがある。ここで「行った」とは、少なくとも一泊したという意味である。だから国内は、街の様子や絵はがき的風景それに花を撮るという意味では、もはや行き尽くした感がある。

 ただ、「なかなか思うように撮りに行けなかったなぁ」と心残りなのは、お祭りである。これは8月のお盆、10月の秋祭り、5月の連休という限られた時期に行われることが多いので、1年に行ける場所の数が限られている。それでも、全国のお祭りは主に東日本と中部地方を中心にかなり撮りに行った。従って、これから行きたいところは、次のように知る人ぞ知る西日本中心のお祭りや、少し行きにくい景勝地が主である。

【お祭り】

 (1) 山鹿灯籠祭り
 (2) 西馬音内盆踊り
 (3) 博多祇園山笠と博多どんたく
 (4) 長崎くんちとランタンフェスティバル
 (5) 伏木曳山祭り
 (6) 高岡御車山祭り
 (7) 京都鞍馬の火祭り
 (8) 会津田島七行器行列

青森ねぶた


弘前ねぷた




【大自然】

 (1) 五色沼湖沼群
 (2) 尾瀬国立公園
 (3) 南紀串本橋杭岩群
 (4) 宮崎の高千穂峡

天橋立


奥入瀬渓流





(令和3年4月21日著)
(お願い 著作権法の観点から無断での転載や引用はご遠慮ください。)





悠々人生エッセイ





悠々人生エッセイ

(c) Yama san 2021, All rights reserved