チェコ共和国の首都のプラハは「中世の宝石」と呼ばれる美しい都市である。私はどうしても1968年にソ連軍の戦車に踏み潰された「プラハの春」の悲劇を思い出してしまうが、1989年のビロード革命を経て、やっとソ連邦のくびきから免れることができたのは喜ばしい。チェコ共和国はそののち93年に隣のスロバキア共和国と分離したが、この写真はその直後のもので、街中は、まだ中世的な雰囲気を色濃く残している。





(C) Yama san since 1997 All rights reserved