パリについては、私は数回しか行ったことはないが、行くたびになるべく時間を見つけて美術館めぐりをし、目の保養に努めている。ルーブル美術館などは、丸一日かけてもとても回りきれるものではない。しかし私は、見た絵の数を競うよりは、気に入った絵や彫刻の前で、しばし何もかも忘れて佇んでいるのを好む。





(C) Yama san since 1997 All rights reserved