(参 考) 金沢の成巽閣(せいそんかく)は、1863年に第13代の加賀藩主、前田斉泰が母である
真龍院の隠居所として兼六園内に作ったもの。武家書院造りと数寄屋造りとを融合し回遊式林泉庭園
を持つ幕末の建物として有名である。これはそのうち障子の腰板に土筆の絵が描かれている土筆の間
に面した庭である。





(出 典) Java(瀬戸の夜景 様)
妖精(幻影素材工房 様
(C) Yama san 2005. All rights reserved

悠 々 人 生