A Shirt That I Bought At A Department Store



Mr. Kensuke Ishizu
石津謙介氏

 いまから10年ほども前になろうか、バブル景気がこけはじめたが、まだ少しはその余香があった頃のことである。残暑が厳しい中、私は、仲間内のゴルフ・コンペで優勝してしまった。20人ほどの参加者であったが、ハンディが10台の半ばと、オフィシャルが21にすぎない私にしては厳しかったものの、どうしたはずみか他の人たちのスコアが伸びなくて、午前中にトップに立った勢いのまま、私に勝利がころがりこんだ。

 うれしかった。仲間内とはいえ、これくらいの大会で優勝するのは久しぶりだったからである。トロフィーをうやうやしくいただいたあと、あわせて副賞として平たい箱を受け取った。開けてみると、それはMの半袖シャツで、タータン・チェックのなかなかよい柄のものであった。ただ、Mは私の体にはちょっと窮屈で、Lでなければ合わないのである。幹事の人は、私の体格を見てご親切にも「買ったデパートに行くと、自分のサイズに交換してもらえますよ」といってくれた。

 そこで、2週間ほど後になったが、それを持って東京駅にある某デパートに交換しに行った。あまり行きつけないデパートであったが、ようやくその売場にたどり着き、店員の人に交換してほしいといった。するとその店員は、「ああ、これはもうご用意できません。ご覧の通り、今日から秋物ですから」と答えた。私は、「では、どれと替えられるの?」と尋ねたところ、「これは15,000円の品ですから、それと同じ値段のものですけれど、いまここにあるのは・・・うーんと、皆この値段を上回っていますねぇ」などと平気でいうではないか。私は「それで、どうなるの」と聞いたら、「差額を支払っていただきます」という。

 そこで、店内のその一角をぶらぶらしながら品物を選んだところ、そこはブランド専門店だったせいか、たいした品物ではなくても、どれも目の玉が飛び出るほど高い。単なる色柄のシャツでも、平均価格は3万円は優に超えている。ジャケットに至っては15万円以上である。「いまごろ、こんな値段で買う人がいるのか」などとつぶやいて、ふと回りを見渡すと、土曜日の午後だというのに、店内は人がまばらである。「こういう商売をやっていると、そのうち消費者からそっぽを向かれるのではないか」と思いながら、やっと気に入った色のシャツを見つけた。値札を見たところ、29,000円とある。まあ、仕方がないと思いつつ、差額を払い、憮然として店を後にした。

 家に帰り着き、ことの顛末を家内に報告した。家内は、「そうね、うちはバブルとは全く縁がなかったから」などと、不思議な慰め方をしてくれた。その買ってきた長袖シャツは、要するにジーパンと同じ生地で同じ色である。ただ、胸の所に、ちょっとしたマークがあるだけである。それを除けば、その辺の古着と全く同じである。「つまらないものを買ったなぁ」と思いながら、たまにそれを着る程度で、そのうち、そんなものがあったことも忘れるようになっていた。

 ある日、仕事でたまたま石津謙介氏(注)と同席する機会があった。行くまでに時間がなかったので、あわててタンスからひっぱり出したのが、そのジーパン生地風のシャツである。あまり考えずにそれを着て、それから会合の場に飛んでいった。仕事が終わった後、石津氏が私に向かっていった。「あなた、そのシャツとジャケットの組み合わせは、なかなかいいですよ」 ああー、VANの創始者、男性ファッションの天才教祖から、誉められてしまったのである。あのデパートでも嫌な思い出も、たちまち吹っ飛んでしまった。高いものは、やっぱりいいですな!

(平成12年11月7日著)
(お願い 著作権法の観点から無断での転載や引用はご遠慮ください。)


(注) 石津謙介氏 1911年岡山県生まれ。明治大学卒。天津にてファッション・ビジネスを始め、1951年VANジャケットを設立。アイビー・ブームを巻き起こす。現在は、メンズ・ファッション協会最高顧問 (週間東洋経済2000.11.11号78頁より。写真も同じ。)



ライン

トップ

趣 味

エッセイ

土曜散歩

ライン